FC2ブログ

京阪2600系のパーツ(再構成版)

s-PC113205.jpg

2年前に発売された京阪2600系ですが、未だに人気があり床下機器についての問い合わせも多数頂いております。
また、今年のJNMAでエラーのご指摘も頂きましたので、仕切り直して再度パーツを構成し直しました。


DMMでは下記の通り公開し直しました。
KD26-30 床下機器7両分(タイプ1 スカート付き)  https://make.dmm.com/item/969982/
KD26-31 床下機器7両分(タイプ2 スカート付き)   https://make.dmm.com/item/969985/
KD26-32 床下機器7両分(タイプ3 スカート付き)   https://make.dmm.com/item/969987/
KD26-33 床下機器7両分(タイプ1 スカート付き)×2セット  https://make.dmm.com/item/969988/

KD26-41 2621F用 屋根板・屋根上機器・床下機器セット  https://make.dmm.com/item/969989/
KD26-42 2621F用 屋根板・屋根上機器セット      https://make.dmm.com/item/969990/
KD26-43 2621F用 屋根上機器+床下機器セット     https://make.dmm.com/item/969991/
KD26-44 2621F用 屋根上機器セット            https://make.dmm.com/item/969992/

KD26-23 スカート8編成分+ホロ土台  http://make.dmm.com/item/779028/ 
KD26-24 スカート4編成分      http://make.dmm.com/item/741274/
KD26-25 転落防止ホロセット     https://make.dmm.com/item/969981/
KD26-26 ランボードセット       https://make.dmm.com/item/972563/



<各セットの詳細>
KD26-30 床下機器7両分(タイプ1 スカート付き)
床下機器パーツ(7両分)とスカートパーツ2セット、転落防止ホロのセットです。
床下機器は
・T車(2800系) 3両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
※M車中間車仕様用交換パーツも2両分付いてます。

スカートのご使用には、別途TOMIXのTNカプラー(品番0375)が必要です。
TNカプラーのジャンパ栓部分を切り取り、当パーツを接着剤で固定して使用します。

転落防止ホロは、土台部分のみのタイプが2セット、先頭車用が3セット入っています。
KD26-30 2600系床下機器タイプ1【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】




KD26-31 床下機器7両分(タイプ2 スカート付き)
床下機器パーツ(7両分)とスカートパーツ2セット、転落防止ホロのセットです。
床下機器は
・T車(2900系) 1両分
・T車(2800系) 2両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
※M車中間車仕様用交換パーツも2両分付いてます。

スカートのご使用には、別途TOMIXのTNカプラー(品番0375)が必要です。
TNカプラーのジャンパ栓部分を切り取り、当パーツを接着剤で固定して使用します。

転落防止ホロは、土台部分のみのタイプが2セット、先頭車用が3セット入っています。
KD26-31 2600系床下機器タイプ2【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】




KD26-32 床下機器7両分(タイプ3 スカート付き)
床下機器パーツ(7両分)とスカートパーツ2セット、転落防止ホロのセットです。
床下機器は
・T車(2900系) 1両分 ←2923号または2924号
・T車(2800系) 2両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
※M車中間車仕様用交換パーツも2両分付いてます。

スカートのご使用には、別途TOMIXのTNカプラー(品番0375)が必要です。
TNカプラーのジャンパ栓部分を切り取り、当パーツを接着剤で固定して使用します。

転落防止ホロは、土台部分のみのタイプが2セット、先頭車用が3セット入っています。
KD26-31 2600系床下機器タイプ2【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



KD26-33 床下機器7両分(タイプ1 スカート付き)×2セット
KD26-30タイプ1 が2組セットになっているものです。
KD26-35 2600系床下機器タイプ1 2セット【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



KD26-41 2621F用 屋根板・屋根上機器・床下機器セット
試作クーラー搭載編成2621F用のパーツです。
床下機器・スカート・屋根板・転落防止ホロ(元先頭車部用)・屋根上機器のフルセットです。
屋根板・床下機器共に上から2621+2921+2721+2821です。
KD26-41 2621F 床下機器_クーラー_屋根板



KD26-42 2621F用 屋根板・屋根上機器セット
試作クーラー搭載編成2621F用のパーツです。
床下機器を除く、スカート・屋根板・転落防止ホロ(元先頭車部用)・屋根上機器のセットです。
KD26-42 2621F クーラー_屋根板



KD26-43 2621F用 屋根上機器+床下機器セット
試作クーラー搭載編成2621F用のパーツです。
屋根板を除く、スカート・床下機器・転落防止ホロ(元先頭車部用)・屋根上機器のセットです。
KD26-43 2621F 床下機器_クーラー
 


KD26-44 2621F用 屋根上機器セット
試作クーラー搭載編成2621F用のパーツです。
屋根上機器類と転落防止ホロ(元先頭車部用)のセットです。
KD26-44 2621F クーラー
 


KD26-23 スカート8編成分+ホロ土台
TNカプラー用のスカート8セットと先頭車用のホロ土台のセットです。
2600スカート 8編成分_ホロ土台【武蔵模型工房E38080Nゲージ 鉄道模型】2_20170723115510580_l
 


KD26-24 スカート4編成分
TNカプラー用のスカート4セットです。
KD26-24 2600系スカート 4編成分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】
 


KD26-25 転落防止ホロセット
先頭車用ホロ土台は6箇所分
元先頭車用ホロは24箇所分
中間車用ホロは48箇所分のセットです。
KD26-25 ホロセット
改2600パターン【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】2
★左側の中間車用のホロですが、パーツの奥行きは1mmです、
お手持ちの車両の連結面に1mmの角棒を付けてみてカーブでぶつからないか確認の上ご使用下さい。


KD26-26 ランボードセット
増設用ランボード9両分セットです。
KD26-26 2600系ランボード9両分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】




<パーツの詳細・取り付け例>
・2800系 2900系の海側
T車である2800系 2900系は、写真から判断する限り3種あるようです。
いずれも車体中央部の機器が若干異なっています。
上から2900系   2800系   2900系(2923・2924号) 
※2923、2924号は2900系のなかでも初期に運転台を撤去した車両ですので、他車と異なっているようです。
2600-4.jpg
s-PC113217.jpg


・2800系 2900系の山側
T車共通の構成です。
MGパーツ(奥側設置用)、左側パーツ、右側パーツ の3分割構成になっています。
下記取り付け例を参考に、
 MGパーツは奥まった位置に
 残りのパーツは、左右に分けて配置します。 
2600-3.jpg

s-PC113194.jpg

s-PC113213.jpg
s-PC113201.jpg


・2600系 2700系の海側
M車共通の構成です。
細かい配管や、抵抗器の網目の違いもしっかりと表現しました。
2600-10.jpg
2600-11.jpg
s-PC113222.jpg

M車は運転台付きと中間車で若干機器の構成が異なります。
下図の上段が運転台付き、下段が中間車用です。
M車パターン

今回は運転台付き車両用を基本にしていますので、中間車に利用する際は、下図の通りパーツの右側をスリット部分で折って、中間車用パーツに交換して下さい。
切り離し

解説




・2600系 2700系の山側
M車共通の構成です。
2600-12.jpg
s-PC113225.jpg




・スカート
・TNカプラー本体にもジャンパ栓の表現がついていますが、そちらはカッター等で削り取ってください。
・左右の穴にはまるように作ってありますので、表面のヤスリがけ→塗装 を済ませたら、接着剤でカプラーに取り付けてください。
※ゴム系接着剤が比較的使いやすいです。
※市販のTN用スカート類と同じ構造です。
P5312550.jpg
※別途TOMIXのTNカプラー(品番0375)が必要となります。


<取り付け例> ※試作品のため、下地材だけ塗装した状態です。
・ジャンパケーブルなし側
P5312527.jpg
P5312521.jpg

・ケーブルあり側
P5312534.jpg
P5312541.jpg



<パーツ形状> 

2600スカート 造形用
2600スカート 造形用2
2600スカート 造形用1
※ケーブル表現の際、スカート本体にくっつくように作っていますので、ケーブル部分が細くて折れることもありません。


鉄コレのグレードアップ用にお役立て頂ければ幸いです。



・ホロ土台
中間に入っていた時に転落防止ホロを設置していた名残で、一部の先頭車に残っているホロ土台のパーツです。
車体の曲線や、絞りのカーブに合わせて設計しました。
また、ホロを固定していた当時のネジの出っ張りも表現しています。
接着には、ゴム系接着剤の使用がおススメです。
2600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-42600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-3
2600土台




2621F 試作クーラー用パーツ
今回は屋根板ごと作成しました。
解説1


屋根板にはヒューズボックスと無線アンテナを付けてあります。
クーラー・ランボードのみ別パーツ化してありますので、屋根全体を塗装後、ヒューズボックス類は筆で別途塗装して下さい。
2621屋根1

各パーツの取り付け位置は下図の通りです。
※屋根板は上から2621+2921+2721+2821です。
※床下機器も同じ順に並んでいます。
★2721号車の片側だけランボードの長さが短いですので注意してください。
試作屋根2


奥側が屋根塗装後、ヒューズボックスをライトグレーで筆塗装した状態
手前が、別塗装したクーラー・ランボードを固定した状態
P_20180930_173848.jpg


ランボードは反対側が抜けているのでリアルですが、パーツが折れやすいので注意が必要です。
P_20181001_162226.jpg


中間の元先頭車部分用の転落防止ホロを取り付けた状態
P_20181001_162316.jpg


ちなみに・・・中間に入っている元先頭車は製品そのままでは完全なものが無いので、中間改造車のボディに丸窓の前面パーツを切り継いでいます。
転落防止ホロもあるので、再塗装はどちらにしても必要ですから・・・
奥の車両の妻面には通風機を付けてあります。
P_20180916_170953.jpg



屋根板無しのセットも作りましたが、こちらはヒューズボックス類もパーツとして別にしてありますが、M車用とT車用で多少形状が異なりますのでご注意下さい。
板無し

KD26-44 2621F クーラー1
KD26-44 2621F クーラー2



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人様へ

マニアックな内容を製品化して頂き有難うございます。
一つ疑問なのですが、ランボードセットのランボードは鉄コレ付属屋根からランボード部分のパーツを引っこ抜いてから穴埋め→ランボード貼り付けなのか、パン無し屋根にランボードセットのランボードを貼り付けるのかが記載されていないので回答お願い致します。
因みに中間車の平屋根は旧塗装にしか封入されていませんので…
後から屋根パーツのみ(又は屋根パーツ+ランボードのセット)などが出るのでしょうか?

Re: 管理人様へ

もけいはん 様

いつもありがとうございます。
今公開しているセットは、2621F用に作ったランボードをそのまま伸ばして公開しているのであまり深く考えていませんでしたが、想定としてはパンタ無し屋根をパンタ付きに改造する想定です。

※パンタ付き屋根の方が数が多いので、あんまり需要は無い気がするのですが、以前公開してから多少お使いの方がいらっしゃいましたので、そのまま公開しています。
みなさん、どんな使い方されているのでしょうか・・・

逆にパンタ無し屋根板(何も造形の無いツルツルの屋根板)だけって欲しいですか?

ランボードの件

鉄コレ付属のランボードはマイクロ製品の様にクーラーが透けて見えないので、全車2621Fタイプのランボードに替えて塗装しマイクロ製品と並べて違和感ない仕様にしたいと思っております。
現行は鉄コレ付属のランボードの上の部分をクーラーと同色に塗装して上から見たらマイクロ製品まがいに仕上げておりますが、やはり側面から見るとランボードが埋まった状態で見栄えが良くありません。
かと言ってパン無し屋根(特に中間車)が手に入りにくい現状であり質問させて頂きました。

後、2621F試作冷房車の中間先頭車は運転台撤去車と固定窓を切り継ぎするよりも2次車固定窓のガイコツライトを切り落として正面の幌部分のドアをくり抜いた後に武蔵模型さんのパーツを取り付け→塗装の方が簡単な気がします。

Re: ランボードの件

もけいはん様

ランボードそういう使い方だったのですね。
それであれば、鉄コレのパンタ屋根(ランボードの溝)にそのまま付けられるランボードパーツを作りましょうか。

ちなみに私が2621Fを切り継いで作ったのは、ちょうど種車が無かったのと、乗務員室の手すりを綺麗に削るが難しそうだったからです。おっしゃるとおり種車があれば丸窓の先頭車からテールライトを削ったほうが楽ですね。

ランボードの件

次々と無理ばかりすいません。
管理人様の仰る通りです。
鉄コレ付属の屋根にポン付け出来るランボードがあればいよいよ2600系も完成に近づいてきます。
武蔵模型工房さんの床下機器、スカート、幌土台等を使っていたら鉄コレ付属のランボードが一番見栄えしないように見えてしまい…
もはや廃人の域に達してますね笑

続、ランボードの件

管理人様こんばんは。
武蔵模型工房さんのランボードのみのセット、現在公開中止になっていますね…
鉄コレ京阪1900系冷房改造車の屋根が一体成型でショボすぎるのでランボードだけでも付けてみようかと…
屋根パーツは一体成型なので塗り直し必須、プラ板を貼った様なランボードを削り落として1900系に2600系のランボードを流用する予定でしたが(長さは各自調整)今後公開される事はあるのでしょうか?

Re: 続、ランボードの件

もけいはん様

返信遅くなり申し訳ございません。
2600系用ランボードの件は大変失礼しました。DMMの公開設定を間違っておりました・・・

1900系用ランボードですが、私も何とかしたいと思ってはいます。 正直製品の屋根はショボすぎますよね。長さも短いし。
両開きドアのパーツも欲しいので、作りたいとは思います。
少し先になると思いますので、お急ぎでしたら2600系用を工夫されてみても良いかもしれません。

PS:2600系ランボード(既設を取って、窪みにはめられるやつ)は今設計中です。試作してサイズが問題なければ公開しますね。

ランボードの件

2600系埋め込み型タイプの要望を聞いて頂き有難うございます。

1900系冷房改造車に関しては屋根がショボい、中間車が全て編入車であり実質1919Fしか作れない仕様ですね。
一応dmmのランボードの長さを調整、屋根の塗装をすればそれっぽく1919Fが出来上がりますが、今後のバリ展で中間新造車や両開き車、更には特急色の噂も出ております。

現時点では編入車の丸妻板を削り落とした後に bトレ1900系通勤色 or ピタパ塗装の妻板を貼り付けてから平屋根を加工、とんでもない加工が必要なのが現状です。

当方は1900系は様子見、先に2600系埋め込み型ランボードの公開が有難いです。
発売から2年経った現在も2600系の山が一向に完成していません。