FC2ブログ

JNMA2017 出品製品紹介1

JNMA出品製品を順次ご紹介いたします。

※商品一覧はこちらの記事をご参照下さい → http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

本日は、新作となります東武10000系用の床下機器についてご紹介いたします。
東武鉄道 牛田 (2749)


JNMA用には
・2連MG仕様
・2連SIV仕様
・6連MG仕様
・6連SIV仕様
・8連(MG/SIV共用)
・10連MG仕様

の6種を作成いたしました、

全てのセット共通で、パーツの厚みは3mmで製作しておりますが、
必ずGM新動力用に2mm厚の動力車用薄型パーツをセットにしております。


・2連MG仕様
jnma2017 2連MG
jnma2017 2連MG2
上2段が通常のパーツ、3段目が動力用薄型パーツです。
MGの奥行きを表現するための円形パーツも付属します。



・2連SIV仕様
jnma2017 2連SIV
jnma2017 2連SIV2
上2段が通常のパーツ、3段目が動力用薄型パーツです。



・6連MG仕様・SIV仕様
上の画像が販売段階での状態、下が完成形の状態です。
※一番上は動力車用薄型パーツです。
※画像はMG仕様製品のものです。
jnma2017 6連説明書
★黄色で示した空気タンク3個は、再配置が必要です。
タンクは、車体の内側(奥まった位置)に取り付けてください。

先頭車機器配置一覧
jnma2017 6連先頭

★両先頭車は、編成によって機器の配置が異なります。
16600形側(ピンク枠)は2種ありますので、両方とも製作できるようになっています。
(606F 607F 608Fを製作する場合は、蓄電池の右側の機器箱3個を廃棄して、蓄電池を右にずらし、蓄電池の左側に、最下段のオプションパーツを設置してください。)

11600形側(水色枠)は編成毎に機器配置が異なりますので、機器1こずつバラバラにできるようにしてあります。
お手数ですが、お好みの編成に合わせて再配置を行ってください。

★機器配置や、MG/SIVの状況は 2017年3月~5月に調査した時点の結果です。



・8連(MG/SIV共用)仕様
・標準ではSIV仕様ですが、最下段にMG仕様用のパーツを付けてあります。
・下から2段目は動力用薄型パーツです。
jnma2017 8連

SIV/MG両方のパーツの配置方法は下記の通りです。
jnma2017 8連説明書
製造コスト低減のため、中間のサハ用パーツは、海側・山側を一つのランナーにまとめてしまっています。



・10連(MG)仕様
・10連は現在MG仕様しかありません。
・最下段が動力車用薄型パーツになっています。
・空気タンクが別パーツで付属します。
jnma2017 10連説明書


6連だけは、先頭車のバリエーションが多く、製品用プロトタイプを決める事ができませんでした。
このため、機器1個ずつを配置して頂く必要が生じてしまいました。
お手間ですが、お好きな編成をご製作下さい。


他の製品は明日以降順次ご紹介いたします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント