鉄コレ動力台車枠をT台車として再利用! 台車ベースを作成!

大量に余ってしまう鉄コレの動力台車枠を、T車の台車として再利用できないかと、かねてより検討と試作を繰り返していましたが、やっと公開できる段階までこぎつけました。

カプラー形状を、なし、鉄コレ用、KATO Bタイプ用の3種
対応床板を 7種
各種1個ずつセットにした「お試し用」の
合計22種を DMMで公開しました。

各部の特徴等は下記で紹介していますので、しっかりとご理解頂いた上でご使用下さい。

★課題がありそうなので、一部改良のため公開を一旦中止しているものがあります。
再度公開まで少々お待ち下さい。★


分かりやすいように品番をつけましたので、↓対応表↓ をご確認下さい。
集電台車一覧1
<カプラーなしタイプ>
・S0-TN-10 http://make.dmm.com/item/714498/
・S0-M-10 http://make.dmm.com/item/714496/
・S0-KN-10 http://make.dmm.com/item/714488/
・S0-KP-10 http://make.dmm.com/item/714490/
・S0-TP-10 http://make.dmm.com/item/714500/
・S0-KS-10 http://make.dmm.com/item/714494/
・S0-GS-10 http://make.dmm.com/item/714486/

<鉄コレカプラー 9.5mmタイプ>
・S2-TN-10 http://make.dmm.com/item/714512/
・S2-M-10 http://make.dmm.com/item/714510/
・S2-KN-10 http://make.dmm.com/item/714562/
・S2-KP-10 http://make.dmm.com/item/714506/
・S2-TP-10 http://make.dmm.com/item/714514/
・S2-KS-10 http://make.dmm.com/item/714508/
・S2-GS-10 http://make.dmm.com/item/714502/

<KATOカプラーBタイプ  12.5mmタイプ>
・S5-TN-10 http://make.dmm.com/item/714528/
・S5-M-10 http://make.dmm.com/item/714526/
・S5-KN-10 http://make.dmm.com/item/714518/
・S5-KP-10 http://make.dmm.com/item/714520/
・S5-TP-10 http://make.dmm.com/item/714530/
・S5-KS-10 http://make.dmm.com/item/714524/
・S5-GS-10 http://make.dmm.com/item/714516/

<その他>
・お試し用セット http://make.dmm.com/item/714576/


<概要>
今回製作した台車ベースに、KATOの集電板をはめ込む窪みがついていますので、そこに出っ張りの一つを切り落した台車枠をはめ込むという単純な構造です。

P4230004.jpg
(台車ベース)

P4230005.jpg
(KATOの集電板をはめ込む)

P4230008.jpg
(左側のように、台車枠の出っ張り3つのうち、上側1つを切り取る)

P4230013.jpg
(ベースに台車枠をはめる) ※接着剤を付けてはめ込む

P4230015.jpg
(車輪をつけて完成) ※集電しない場合は、出っ張った金属部分を切り取る


<バリエーション展開>
今回は カプラーの種類、床板の種類で展開しました。
1、カプラーの種類 
 ・カプラーなし(ボディマウントカプラー用)
 ・鉄コレカプラー
 ・KATO Bタイプカプラー

の3種を用意しました。
鉄コレ・KATOカプラー共に長さの種類がありますが、今回はとりあえず1種ずつ作成しました。

ちなみにカプラー長は下記の通り、
(左)KATO用は西武101系用台車を参考にしました(中心からカプラー根元中心まで12.5mm)
(右)鉄コレ用は通常の私鉄車両を参考にしました(中心からカプラー根元まで9.5mm)
としています。
土台解説

P4230028.jpg P4230029.jpg
P4230015.jpg P4230018.jpg

今後、他の長さタイプも検討していますが、どんな長さが使い勝手が良いのか・・・・
過去に、通常のカプラーポケットタイプの台車ベースを公開していましたが、どうしても強度に問題があり、最終的にはクリアできないと判断しましたので、今回は割り切って鉄コレのカプラー土台を利用する事としました。



2、対応床板の種類
今回は7種作成しましたが、それぞれ手持ちの車両にはめて見て確認をしています。
同じメーカーでも形式によって形状が異なる場合があるかもしれません。
車両の年代によっても形状が異なるかもしれません。
確実にお手持ちの車両にフィットする事をお約束するものではありませんので、ご了承下さい。

①TOMIXのネジ止めタイプ (185系で装着テストしました)
S5-TNa.jpgS2-TNa.jpg


②マイクロのネジ止めタイプ (キハ40北海道用で装着テストしました)
※マイクロはパーツの分売をしていないので、どれ程需要があるかは分かりませんが・・・
S5-Ma.jpgS2-Ma.jpg


③KATOのネジ止めタイプ(キハ110系で装着テストしました)
S5-KNa.jpgS2-KNa.jpg


④KATOの中心ピンタイプ(キハ20系で装着テストしました)
※中心ピン(Z01-0043)が別途必要です。
S5-KPa.jpgS2-KPa.jpg


⑤鉄コレ・GM中心ピンタイプ(鉄コレ 神戸電鉄で装着テストしました)
※中心ピンの分売は基本的にありませんが、不要な台車の中心ピンを再利用する事ができます。
※KATOの中心ピンとはサイズが異なるため、若干穴の直径などを変えてあります。
S5-TPa.jpgS2-TPa.jpg


⑥KATO新台車(近鉄特急で装着テストしました)
最近のKATOで採用されている台車で、中心ピンやネジが不要なタイプです。
★非常に小さなパーツで取り付けられていますので、数回着け外しを行うとパーツが割れてしまいます。
出来れば1回着けたら2度と外さないほうが良いです。
S5-KSa.jpgS2-KSa.jpg


⑦GM新台車(分売パーツで装着テストをしました)
GMの最新タイプ用のパーツで、KATOの新タイプとほぼ同じです(サイズは微妙に異なります)
★非常に小さなパーツで取り付けられていますので、数回着け外しを行うとパーツが割れてしまいます。
出来れば1回着けたら2度と外さないほうが良いです。
S5-GSa.jpgS2-GSa.jpg


★お試し用セット★
今回公開した中で、KATOカプラー用、鉄コレカプラー用の各7種をセットにしたものです。
もし、この台車ベースに興味を持たれた方は、是非このお試し用をお使い頂き、問題が無ければ、お好みのセットをお使い下さい。
お試し用は下記の配置になっています ↓
台車枠おためし用解説
台車枠おためし用-0




3、必要な材料について
・今回のパーツ以外に、 中心ピンや中心ネジ、カプラー、車輪が別途必要となりますので、ご注意下さい。

・中心ピンはKATO用のみ分売パーツとして販売されています(Z01-0043)

・集電用金属板は 
通常の車軸間隔14mmの車両はEC用集電板(29-952-1)、旧型国電等軸間隔の長い16mmの車両は新幹線用の集電板(29-952-3)が使用できます。 ホビーセンターか、KATOのパーツを扱っているお店にあると思います。

・車輪は、鉄コレ、GM、KATO どれでも使用できますので、お手持ちのものをご使用下さい。



一通り手持ちの車両に装着テストはしていますが、細かい部分で不具合があるかもしれません。
もし、お使い頂いて何か気になる点があった場合は、当ブログまでコメント頂けますと幸いです。
今後も改良を加えると共に、更なるバリエーション展開を計画しています。

まだまだ初期段階ではありますが、余った動力台車枠の有効利用として活用頂ければ幸いです。



本日は、鉄コレの枠を活用する台車ベースを紹介しましたが、オリジナル台車枠用ベースも近々紹介する予定です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

余剰の台車枠を有効活用できる方法ですね!
あと、東武3000系列の台車も期待しています!

Re: No title

東武好き様

東武の台車も数種は出来ていますので、もう少々お待ち下さいね!

実際に購入&使用してみた感想

GM製新床下用の台車枠を購入。

GM新床下も合わせて18m.18.5m.19mと3種類日本橋のGMストアで購入してみました。

実際に取り付けてみましたが…
(全て集電仕様)
18m→京阪1000型点灯化
18.5m→京阪1900.2600点灯式
19m→大市交66系点灯化

京阪2600は台車枠を切り離して接着。
その他はポン付け。

ここで大きな問題点が。

①KATO製集電板を取り付ける際、長すぎるのでカットしたが、まだ長かったようで、集電板と床下内の集電板の反動でピンが折れた(計3つ)

②台車のの無い鉄コレの本体台車枠を切り離して接着する際、大きさにより極めて困難な物もある。
(切り離したKW69とFS339)を貼り合わせ装着したのは良いは集電板が床板に届いてるのか届いてないのか確認したいが後で調整が効かない。

③台車枠+非集電なら使いやすいが台車枠の切り離して接着+集電だと極めて面倒。

④ものすごく脆い。お座敷レイアウトで15分程テスト走行中、ポイントレールの飢えを通過時に3両編成(計6つ)のうち4個のツメが折れて脱線。
⑤TOMIXの分売パーツの新集電車輪では脱輪する。
(TOMIXパーツは基本買わないので、頂き物で検証)

結局9つが破損… 今日土面を少し改善する価値があるかと思います。

Re: 実際に購入&使用してみた感想

もけいはん様

いつもありがとうございます。

GM新集電とKATO新タイプが弱いことは認識しておりましたが、我が家では集電対応にしていませんでしたので、集電板の反発力で折れるとは思いませんでした。また、多少の走行で破損する事も想定外です。。。。。
基本的には中心にある円形の部分が支えますので、左右にある突起部分は落下を防止する役目程度で考えておりました。

色々改良が必要そうですね。

①ご相談ですが、GM新集電は非常に強度的に弱いことは分かっておりました。
中心ピン部分を改造してネジ止め方式にする事は有りでしょうか?

②今回の製品はあくまで、”動力台車枠” を利用する事を前提に作ったものです、T台車から切り出して取り付ける事は想定していません。そのため、切り出して接着するとやりにくいと思います・・・
集電板はKATOの方が良いのでしょうか?
TOMIXの集電板であれば、何とかやりようがあるのではないかと思っているのですが、TOMIXも選択肢として有りでしょうか?
※T台車全部切ってしまいましたか?

せっかくお使い頂いたのに、あまり良い結果にならず申し訳ございません。
今後も改良を重ねていきますので、引き続き宜しくお願い致します。

管理人様へ

①ビス止め式は試していないため分かりません。
鉄コレの台車ピン、GM製台車ピンでは抜け落ちます。

②集電板は〜
KATO製集電板の材質が2週間あり、硬い集電板と柔らかい集電板の2種試しましたが、硬い集電板だと反動で折れる、柔らかい集電板だとスカスカです。
台車枠+KATO製集電板+KATO製車輪の組み合わせだと転がり抵抗が完成品並に良いので使ってみました。

TOMIX製集電板(分売されてるのは旧式のみ?)ですが転がり抵抗が最悪です。
その上TOMIX製品はコスパが悪い為、選択肢に入れておらず、過去に集電作業を行う際に台車に穴あけ→集電板とバネ付け→点灯化を行なった際にTOMIX製品を使った感想として…
❶TOMIX製旧式集電板+TOMIX製車輪→転がり抵抗が1番悪い

❷KATO製集電板+KATO製車輪→転がり抵抗は❶より良いが、台車枠の加工が多少面倒。それでもやる価値はある。

❸TOMIX製新集電板(分売無いので台車枠セットを購入してひっぺがした)+TOMIX製新集電車輪→コストがかかりすぎる。集電台車1両分の値段=新集電台車の値段×編成分。しかも新集電板を台車に貼り付ける際にはエポキシ接着剤とプラ板で加工して集電板が落ちないように作業が必須。
コストに見合った価値は皆無。

④KATO製集電板+TOMIX製新集電車輪→転がり抵抗は一番この組み合わせが良い。
但し鉄コレ台車枠の成型が悪いと車輪が落ちたり傾いたり…

管理人様へ

台車枠は全て切ってしまいましたか?→全て切ってはいません。
エポキシ接着剤で接着してGM製床板に装着。室内灯、ヘッドライト共に光っております。(KW69使用先頭車)

GM製新床下はそのまま鉄コレに嵌めこめる+武蔵模型さんの床下機器との相性が良い+TNカプラー使用可+各社室内灯を付けた場合でも少しの加工で鉄コレ付属のシート(イス)の付いた床下の上についてる緑のパーツ(名前解らずすいません)も載せれるので、完成すればシート有り室内灯、ヘッドライト点灯、床下機器交換(鉄コレの使い回しの床下機器ではない)完成品もどきな物が出来るのでGM製台車枠を選択しましたが…

ヘッドライト+室内灯+床下機器を取り付けた2601号車の台車枠がいつ折れるかと考えたら心配ですね…

管理人様へ2

尚、コマル担当の仲間は折れた台車枠に金属板を貼り付けて再利用+集電化出来ないか試してみると連絡が来ました。後日、折れた台車枠と余った台車枠を譲り、結果が出次第連絡致します。

Re: 管理人様へ2

もけいはん 様

色々試してみて頂きありがとうございます。
やはり問題は鉄コレT台車の集電化ですね。

もう少し色々考えてみます。。。。私が2600系用台車を各種作れば良いんですが。。

管理人様へ

2600系の台車枠、もう需要があまり無いのではと。
当方も発売されたら購入するかと聞かれたら…なので、特に作って頂かなくても十分ですよ。

破損したGM用台車枠の再利用の件について

管理人様、私はもけいはんと共に鉄コレ改造をやっている者です。
以前彼からGM用台車枠のツメが折れた台車枠を預かって当方で色々試してみましたが、残念ながら再利用は不可能でした。
具体的には台車枠の2つ空いているピン穴の上に0.5ミリ程度の穴を開けて鉄線を通して固定、と言う方法で床板に固定していましたが、お座敷レイアウト故レールを引いてるの畳の凹凸部分やポイントを渡る時の振動でで脱輪してしまいやむなく断念しました。

平坦な場所にレールを引いていない此方側にも非がありますが、もう少し強度を考えて頂ければ有難いです。

Re: 破損したGM用台車枠の再利用の件について

もけいはんの知人のコマル担当 様
ご連絡ありがとうございます。

強度については当初より懸念はありました。
ただ、スナップオンという構造上、挟み込みの爪部分を太くしてしまうと、はまらない(はめるときに砕ける)と言う状況になってしまったため、ある程度シナリを持たせるために細くする必要がありました。

ところが、素材の特性上細いと折れるという相反する状況になっております。

今後別の手段(中心軸部分を簡単に改造できないか)を検討しておりますので、しばらくお待ち頂けますでしょうか?

色々お手数をお掛けしてしまい申し訳ございません。
今後も改良を進めて参りますので、引き続きお付き合い頂けますようお願い致します。