3Dプリンタで近江鉄道220形を作る

3Dプリンタを使って作った最初の作品です。

2015年5月に引退した近江鉄道220形。
側面は種車である西武701系に似ていますが、窓部の長さ等が微妙に異なるため通常のNゲージ車両の改造では作るのは難しい車両でした。
今回は初めてという事もあり、1両で完結するお手軽なこの車両にしました。

調べて見ると220形にも色々あり、今回は前面連結器部分に切り欠きがあり、ランボードが他車より短い221号を作成をする事にしました。
いずれはスノープロウが特徴的な226号も作りたいと思ってます。

DMMに公開しておりますので、興味のある方はご利用下さい。
<221号仕様> 
http://make.dmm.com/item/341224/

<222~225号仕様>  (ランボードが長く、前面の切り欠きがないタイプ)
http://make.dmm.com/item/341226/

関連して、西武401系を改造した、近江鉄道800形用の前面パーツも公開しています。 
<800形前面パーツ>
http://make.dmm.com/item/341302/



今回のセットを組み立てるには、別途下記のものが必要です。

・動力(鉄コレTM-07)と動力台車枠(SF40)、カプラー
・グローブ型ベンチレーター(お好みのものをどうぞ) 私はあまったGMキットのものを使用しました。
・パンタ(KATO製 PS16がおススメ)
・塗料類 ※3色ラインは自作しましたが、アマギ製等も使えると思います。今後即売会等に参加する機会があれば販売するかもしれません。
・瞬間接着剤他、工具類


<セット内容>
前面2枚、側面2枚、屋根1枚、床下機器左右1セット
a001.jpg


早速作り方です。

①切り離し
ランナーから切り離し、不要なバリを取ります。

②洗浄
超音波洗浄機で、サポート材を洗浄します。
サポート材はロウで出来ているため、しっかり洗浄して取り除きます。

③配管等の設置
屋根上の配管がうまく表現できなかったため、プラ棒か金属線で表現します。
a004.jpg
a005.jpg
※今回は配管するのを忘れていたため、サーフェイサー後に配管を設置しました。

④下地処理
サーフェイサーを吹きます。
乾いたら全体にヤスリをかけてきれいにします。
3Dプリンタ特有の線状の凹凸は、このヤスリがけできれいにしておきます。
屋根などカーブしている所は特に入念にヤスリがけします。
削りすぎたら、サーフェイサーを再度吹いておきます。
a003.jpg


⑤塗装
・屋根のグレーを塗装し、フラットクリアを吹きます。
・車体は前面の黒→白→銀の順で吹きました。
・最後にラインと行先をデカールで貼ります。
a007.jpg
a006.jpg
a008.jpg


-------今はここまで。

このあとトップコートを吹いて、ガラス窓を入れれば完成です・・・なかなか天気が悪くて進みません・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント