京阪2600系用パーツのまとめ(新規セットも追加)

P5312534.jpgs-PC113205.jpg


昨年発売になりました鉄コレ京阪2600系用のパーツについて、色々追加で製作を行い、紹介記事が複数になってきてしまいましたので、まとめ記事を書かせて頂きます。

※ついでに以前リクエスト頂きました、床下機器+スカート+ホロ土台のセットパーツや、ホロ土台+スカートのセットパーツも新規に製作しました。ヘビーユーザーの方に、お得にご利用頂けるセットになっております。


これまで紹介した記事は下記の通りです。
はじめての方は下記記事をご覧下さい。
床下機器については ⇒ http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
ホロ土台パーツについては ⇒ http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
スカートパーツについては ⇒ http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-39.html




DMMで公開している製品は下記の通りです。

タイプ1(床下機器のみ) → http://make.dmm.com/item/628774/
タイプ1(床下機器+スカート+ホロ土台) → http://make.dmm.com/item/779030/ ★今回新規追加

タイプ2(床下機器のみ) → http://make.dmm.com/item/628776/
タイプ2(床下機器+スカート+ホロ土台) → http://make.dmm.com/item/779032/ ★今回新規追加

タイプ3(床下機器のみ) → http://make.dmm.com/item/628780/
タイプ3(床下機器+スカート+ホロ土台) → http://make.dmm.com/item/779038/ ★今回新規追加

タイプ4 2621F(試作クーラー編成)用パーツ
床下機器+クーラーパーツ → http://make.dmm.com/item/628782/
床下機器+クーラーパーツ+スカート → http://make.dmm.com/item/779040/ ★今回新規追加
クーラーパーツのみ → http://make.dmm.com/item/633102/

<パーツ類>
スカート4編成分 → http://make.dmm.com/item/741274/
スカート8編成分+ホロ土台4両分 → http://make.dmm.com/item/779028/ ★今回新規追加
ホロ土台12両分+ランボード6両分 → http://make.dmm.com/item/723034/






スポンサーサイト

京阪2600系のスカートパーツ

前回の記事に続き、京阪2600系シリーズです。

JNMAの準備で忙しいので、チマチマしたパーツの紹介でお茶を濁しております事ご了承下さい。。。。

さて、ホロ土台に続きスカートパーツにも不満がありましたので、作ってみました。
製品付属のスカートはどうも物足りませんでした。
どうしてもジャンパケーブルのついている無骨な感じが欲しかったので、ケーブルの表現も込みのパーツを作ってみました。
P5312537.jpg

DMMでは2種公開しました。
2600系スカート(4編成分) →  http://make.dmm.com/item/741274/
2600系スカート(8編成分)+ホロ土台4両分 →  http://make.dmm.com/item/779028/ ★2017/7/23追加


※別途TOMIXのTNカプラー(品番0375)が必要となります。


<取り付けについて>
・TNカプラー本体にもジャンパ栓の表現がついていますが、そちらはカッター等で削り取ってください。
・左右の穴はまるように作ってありますので、表面のヤスリがけ→塗装 を済ませたら、接着剤でカプラーに取り付けてください。
※ゴム系接着剤が比較的使いやすいです。
※市販のTN用スカート類と同じ構造です。
P5312550.jpg



<取り付け例> ※試作品のため、下地材だけ塗装した状態です。
・ジャンパケーブルなし側
P5312527.jpg
P5312521.jpg

・ケーブルあり側
P5312534.jpg
P5312541.jpg



<パーツ形状> 

2600スカート 造形用
2600スカート 造形用2
2600スカート 造形用1
※ケーブル表現の際、スカート本体にくっつくように作っていますので、ケーブル部分が細くて折れることもありません。

鉄コレのグレードアップ用にお役立て頂ければ幸いです。


京阪2600系ホロ土台&ランボードパーツ

友人より京阪2600系のホロ土台の製作に苦戦しているという話を聞き、非常に細かいパーツですが作ってみました。
2600土台

中間に入っていた時に転落防止ホロを設置していた名残で、一部の先頭車に残っているホロ土台ですが、自作しようとすると車体の曲面に合わせたパーツになるため非常に難しい形状です。

また、旧塗装セットではパンタ車屋根が不足していましたので、パンタ化のためのランボードパーツも作成しました。


DMMでは、土台とランボードパーツのセットを公開しました。
土台12両分、ランボード6両分セット → http://make.dmm.com/item/723034/
スカート8編成分+ホロ土台4両分 → http://make.dmm.com/item/779028/ ★2017/7/23追加


※DMMは小さなパーツでも基本費用が掛かるため、少し多めにセットしておきました。
※パーツを半分にして数百円しか変わりませんので、多めに入れておきました。
京阪仲間で分け合ってお使い下さい。


<ホロ土台パーツ>
車体の曲線や、絞りのカーブに合わせて設計しました。
また、ホロを固定していた当時のネジの出っ張りも表現しています。

接着には、ゴム系接着剤の使用がおススメです。

2600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-42600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-3



<ランボードパーツ>
製品のパンタ車が少ないため、製品のランボードと形状を合わせたパーツで、屋根のカーブに合わせて設置できるように設計しています。
瞬間接着剤の使用がおススメです。
2600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-5




<パーツ全景>

2600ホロ土台・ランボード【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


京阪2600系用床下機器・試作クーラーパーツを作る

s-PC113205.jpg
s-PC113222.jpg
★2017/7/23一部追加しました


思わず買ってしまった京阪2600系、床下機器もM車とT車しか無いと思い、気軽に製作を開始しました。

ところが、両車とも配管が細かく複雑で、T車も3種あることが分かり随分時間が掛かってしまいました。
なんとか試作冷房車用のクーラーパーツ含め、やっと皆様におすそ分けができるところまで出来ました。

DMMでは9種公開しました。
タイプ1 → http://make.dmm.com/item/628774/
タイプ1(スカート+ホロ土台セット) → http://make.dmm.com/item/779030/★2017/7/23追加

タイプ2 → http://make.dmm.com/item/628776/
タイプ2(スカート+ホロ土台セット) → http://make.dmm.com/item/779032/★2017/7/23追加

タイプ3 → http://make.dmm.com/item/628780/
タイプ3(スカート+ホロ土台セット) → http://make.dmm.com/item/779038/★2017/7/23追加

タイプ4 → http://make.dmm.com/item/628782/
タイプ4(スカートセット) → http://make.dmm.com/item/779040/ ★2017/7/23追加
2621F用クーラーパーツ → http://make.dmm.com/item/633102/


<各タイプの詳細>

タイプ1
・T車(2800系) 3両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
2600床下機器タイプ1【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


タイプ2
・T車(2900系) 1両分
・T車(2800系) 2両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
2600床下機器タイプ2【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


タイプ3
・T車(2900系) 1両分 ←2923号または2924号
・T車(2800系) 2両分
・M車(2600系 2700系) 4両分
2600床下機器タイプ3【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



タイプ4(2621F)
・T車(2900系) 1両分
・T車(2800系) 1両分
・M車(2600系 2700系) 2両分
・試作クーラー・ランボードパーツ
2600床下機器タイプ4 2621F【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



2621F用クーラーパーツ
・試作クーラー・ランボードパーツ
※床下機器が不要な方のために、試作クーラー等屋根上パーツだけのセットとしました。
2621F用試作クーラーパーツ【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


<パーツの詳細・取り付け例>
・2800系 2900系の海側
T車である2800系 2900系は、写真から判断する限り3種あるようです。
いずれも車体中央部の機器が若干異なっています。
上から2900系   2800系   2900系(2923・2924号) 
※2923、2924号は2900系のなかでも初期に運転台を撤去した車両ですので、他車と異なっているようです。
2600-4.jpg
s-PC113217.jpg


・2800系 2900系の山側
T車共通の構成です。
MGパーツ(奥側設置用)、左側パーツ、右側パーツ の3分割構成になっています。
下記取り付け例を参考に、
 MGパーツは奥まった位置に
 残りのパーツは、左右に分けて配置します。 
2600-3.jpg

s-PC113194.jpg

s-PC113213.jpg
s-PC113201.jpg


・2600系 2700系の海側
M車共通の構成です。
細かい配管や、抵抗器の網目の違いもしっかりと表現しました。
2600-10.jpg
2600-11.jpg
s-PC113222.jpg



・2600系 2700系の山側
M車共通の構成です。
2600-12.jpg
s-PC113225.jpg




・試作クーラー車パーツ
2編成だけ、試作クーラーを搭載した4連がありました。
これを再現するためのクーラーパーツと、他車より短いランボード、おまけの屋根上パーツ少々を作成しました。

今回の鉄コレの構成ですと、どうみてもパンタ屋根が足りません、しかしこの試作冷房車はランボードの長さや配管が他車と異なりますので、非パンタ屋根を元に改造した方がやり易いかもしれません。
改造にチャレンジしたい京阪ファンの方にお役に立てれば幸いです。
※クーラー・ランボードは予備も考慮して少し多めに入っています。
★3Dプリンタの特性で側面はあまり滑らかになっていません。組み立て前に全体にヤスリがけをすると綺麗に出来ると思います。

s-PC113193.jpg
試しに1個載せてみました(右側)、通常のクーラーより少し長く、幅が狭い感じになっています。

s-PC113184.jpg
車端部の小型クーラーも作りました。

2600床下機器タイプ4 2621F【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-2
2600床下機器タイプ4 2621F【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-1
2600床下機器タイプ4 2621F【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】-3