FC2ブログ

阪急5000系更新車の床下機器

2018年10月18日 公開パーツ追加
P_20181014_201546.jpg

今年も発売になりました阪急の事業者限定鉄コレ、5000系原型・更新車とも相変わらず2両セットなので、床下機器の残念さは予想通り・・・
とりあえず実車を取材できた更新車について、床下機器のパーツを作成しました。

DMMでは下記の仕様を公開しました。
※すべて2015年~2018年に取材した更新車仕様です。
HK50-01  5000F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974176/
HK50-03  5001F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974179/
HK50-04  5001F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/975728/
HK50-05  5002F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974182/
HK50-06  5002F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974180/
HK50-07  5004F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/975730/
HK50-08  5004F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974184/
HK50-09  5006F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974186/
HK50-10  5006F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974185/
HK50-11  5008F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/977226/  2018/10/18追加
HK50-12  5008F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/977227/  2018/10/18追加
HK50-13  5010F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/977228/  2018/10/18追加
HK50-14  5010F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/977229/  2018/10/18追加
HK50-15  5012F 8連 ⇒ https://make.dmm.com/item/974188/
HK50-16  5012F 6連 ⇒ https://make.dmm.com/item/975732/



<各編成詳細>
★パーツ上側が梅田(西宮北口)寄り、下側が神戸(宝塚)寄り。左側が海側、右側が山側の構成です。

・HK50-01  5000F 8連仕様
HK50-01 5000F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-03  5001F 8連仕様
HK50-03 5001F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-04  5001F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)
HK50-04 5001F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-05  5002F 8連仕様
HK50-05 5002F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-06  5002F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)
HK50-06 5002F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-07  5004F 8連仕様
HK50-07 5004F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-08  5004F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)
HK50-08 5004F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-09  5006F 8連仕様
HK50-09 5006F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-10  5006F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)
HK50-10 5006F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-11  5008F 8連仕様 ※先頭車を中間車化改造した車両が組み込まれている編成です。
HK50-11 5008F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】 - コピー


・HK50-12  5008F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)※先頭車を中間車化改造した車両が組み込まれている編成です。
HK50-12 5008F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】 - コピー


・HK50-13  5010F 8連仕様 ※先頭車を中間車化改造した車両が組み込まれている編成です。
HK50-13 5010F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-14  5010F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)※先頭車を中間車化改造した車両が組み込まれている編成です。
HK50-14 5010F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-15  5012F 8連仕様
HK50-15 5012F 8連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


・HK50-16  5012F 6連仕様(上記8連から中間付随車を除いたものです)
HK50-16 5012F 6連床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】




<パーツ詳細・取り付け例>
今回のこだわりポイントは、応加重装置です。
性能的に何か違うのか分かりませんが、形状が2種あり編成中でも色々混ざっています。
1両ずつ違いを確認して作り分けていますので、その点注目頂きたいと思います。
5000-1.jpg


抵抗器も5000系用に作図し直しました。
5000-2.jpg


付随車の床下機器の違いも細かく確認して作り分けました。
5000-3.jpg



P_20181014_175908.jpg
鉄コレそのままの状態。
中間車が全部パンタ付き・抵抗付き車両ってありえないですね。


P_20181014_200545.jpg
3D品をつけた状態。
中間車の違いもしっかり表現できてグッドです!

P_20181014_201344.jpg
P_20181014_201334.jpg

P_20181014_201324.jpg
P_20181014_201308.jpg

P_20181014_201259.jpg
P_20181014_201121.jpg



今回は実車を確認できる更新車の機器を作成しましたが、今後資料が入手できれば未更新も製作するかもしれません。




スポンサーサイト