東武8000系用床下機器 特定編成用のパーツ

8577F-1.jpg

昨年製作し、今年のJNMAでははおまけ程度で出品しました東武8000系の床下機器ですが、今年も大変好評を頂き早々に売り切れてしまいましたので、DMMにて公開致します。

昨年は、色々な編成に使用できるマルチ構成としました
 各パーツの詳細や、昨年販売したマルチ構成の機器はこちらをご参照下さい⇒ 
   http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
   http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


今年は、鉄コレで製品化された特定編成用を作成しました。

DMMでは下記構成を公開しました。
① 8570F (2両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792218/
② 8577F (2両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792222/
③ 8570F+8577F (2両 2編成分) ⇒ http://make.dmm.com/item/792220/
④ 8198F (4両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792216/
⑤ 81107For81111F (4両分)   ⇒ http://make.dmm.com/item/792224/
⑥ 81107F+81111F (4両 2編成分)⇒ http://make.dmm.com/item/792230/
⑦ 8111F (6両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792210/



各構成の詳細は下記の通りです。
※解説文はJNMAの時に封入した説明書をそのまま使用しています。
付属パーツの位置が若干異なりますが、東武ファンの皆様なら分かると思います・・・ 不明点があればコメント下さい。


①8570F(2両分)
8570F-1.jpg
8570F.jpg

8570解説



②8577F(2両分)
8577F-1.jpg
8577F.jpg

8577解説



③8570F+8577F(2両分×2編成)
2編成用分をセットにしたお得構成です。
※上側が8577F、下側が8570Fです。
8570F_8577F.jpg



④8198F(4両分)
8198-1.jpg
8198F.jpg
8198解説



⑤81107F・81111F(4両 1編成分)
81111-1.jpg
81107F 81111F
81107解説



⑥81107F+81111F(4両 2編成分)
※2編成とも機器構成は同じです。
81107F_81111F.jpg



⑦8111F(6両分)
8111-1.jpg
8111F.jpg
8111解説



※一部実車写真 ぱっしょんと~ぶ管理人 lofter 様提供

スポンサーサイト

東武8000系 床下機器 ②

東武8000系のデータについて、A1~J まで1個ずつUPしますと単価が大幅に上がってしまいます。
今回は下記10通りをセットとして公開しました。

なお、下記セットで製作できないマニアックな編成をご希望の方は、次回即売会等でバラ売りする際にお求め頂ければと思います。
※次回即売会の出店予定は現状ではありませんが、機会があればまた出てみたいとは思っています。
※DMMの値上げや、1編成分単位で公開しているため、即売会より割高になっております事ご了承下さい。

※A1~Jまでの記号(パーツ番号)の詳細はひとつ前の記事
http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
を参照してください。


<DMMで公開しているセット>
① 2連 DCMG編成(F + G1)→ http://make.dmm.com/item/558092/
② 2連 BLMG編成(F + G2)→ http://make.dmm.com/item/558094/

③ 4連 DCMG編成(A1 + B + C1)→ http://make.dmm.com/item/558098/
④ 4連 DCMGワンマン編成(A2 + B + C1)→ http://make.dmm.com/item/558106/
⑤ 4連 BLMGワンマン編成(A2 + B + C2)→ http://make.dmm.com/item/558108/

⑥ 6連 DCMG編成(A1 + B + C1×2 + D)→ http://make.dmm.com/item/558110/
⑦ 6連 BLMG編成(A1 + B + C2×2 + D)→ http://make.dmm.com/item/558228/

⑧ 8連 DCMG編成(A1 + B×2 + C1×2 + H)→ http://make.dmm.com/item/558230/

⑨ 3連 800形(I)→ http://make.dmm.com/item/558236/
⑩ 3連 850形(J)→ http://make.dmm.com/item/558238/

各編成を製作するにあたり必要なパーツ一覧は↓の表の通りです。
基本
付属


<セットに含まれるパーツの詳細>
A1~Jまでのパーツを、それぞれセットにして公開しました。
無理やり各パーツを結合してありますので、パーツの配置は下記の通りとなります。

① 2連 DCMG編成(F + G1)
① 2連 DCMG編成(F _ G1)



② 2連 BLMG編成(F + G2)
② 2連 BLMG編成(F _ G2)



③ 4連 DCMG編成(A1 + B + C1)
③ 4連 DCMG編成(A1 _ B _ C1)



④ 4連 DCMGワンマン編成(A2 + B + C1)
④ 4連 DCMGワンマン編成(A2 _ B _ C1)



⑤ 4連 BLMGワンマン編成(A2 + B + C2)
⑤ 4連 BLMGワンマン編成(A2 _ B _ C2)



⑥ 6連 DCMG編成(A1 + B + C1×2 + D)
⑥ 6連 DCMG編成(A1 _ B _ C1×2 _ D)



⑦ 6連 BLMG編成(A1 + B + C2×2 + D)
⑦ 6連 BLMG編成(A1 _ B _ C2×2 _ D)



⑧ 8連 DCMG編成(A1 + B×2 + C1×2 + H)
⑧ 8連 DCMG編成(A1 _ B×2 _ C1×2 _ H)




東武8000系 床下機器 ①

東武好きの「ぱっしょんと~ぶ」管理人様とのコラボ企画として東武8000系の床下機器を作成しました。

長きに渡り大量に製造されたため、機器のバリエーションが多く、すべてを完璧に網羅する事はさすがに出来ませんでしたが、
交換用オプションパーツを付けることで、ほとんどのバージョンを製作することが可能なセットが作れました。
※鉄コレの場合そのまま接着剤で取り付けて頂けますが、GMの場合は床板の底面をフラットにする必要があります。
床下機器の土台部分がGM製は通常1mm程度ありますが、当製品は0.3mmしかありませんので、取り付けに際してプラ板等で高さ調整が必要です。

7月のJNMAで好評頂きましたので公開いたします。



<取り付け例>
1.jpg2.jpg
3.jpg4,5
9.jpg

CmW3zJfVMAEnkfr[1]CmW3z3BVUAIciSG[1]
CmW30lJUsAEdt9A[2]


★今回は A~J まで車両毎に14種作成しました。

<各パーツの詳細>
●A1 8100+8400 非ワンマン
●A1 8100_8400 非ワンマン●A1 8100_8400 非ワンマン-0
●A1 8100_8400 非ワンマン


●A2 8100+8400 ワンマン
●A2 8100_8400 ワンマン●A2 8100_8400 ワンマン-0
●A2 8100_8400 ワンマン


●B モハ8200
●B モハ8200●B モハ8200-0
●B モハ8200


●C1 モハ8300 サハ8700 DCMG
●C1 モハ8300 サハ8700 DCMG●C1 モハ8300 サハ8700 DCMG-0
●C1 モハ8300 サハ8700 DCMG


●C2 モハ8300 サハ8700 BLMG
●C2 モハ8300 サハ8700 BLMG●C2 モハ8300 サハ8700 BLMG-0
●C2 モハ8300 サハ8700 BLMG


●D モハ8800
●D モハ8800●D モハ8800-0
●D モハ8800


●E1 サハ8700 DCMG
●E1 サハ8700 DCMG●E1 サハ8700 DCMG-0
●E1 サハ8700 DCMG


●E2 サハ8700 BLMG
●E2 サハ8700 BLMG●E2 サハ8700 BLMG-0
●E2 サハ8700 BLMG


●F モハ8500
●F モハ8500●F モハ8500-0
●F モハ8500


●G1 モハ8600 DCMG
●G1 モハ8600 DCMG●G1 モハ8600 DCMG-0
●G1 モハ8600 DCMG


●G2 モハ8600 BLMG
●G2 モハ8600 BLMG●G2 モハ8600 BLMG-0
●G2 モハ8600 BLMG


●H サハ8900
●H サハ8900●H サハ8900-0
●H サハ8900


●I 800形
●I 800形●I 800形-0
●I 800形


●J 850形
●J 850形●J 850形-0
●J 850形


★製作する編成において A~J のどのパーツを使用すればよいかは下記の表をご参照下さい。
基本編成
基本

付属編成
付属