武蔵模型工房へようこそ

                   この記事は常に一番上に表示されます。

武蔵模型工房へようこそ

このブログは、「欲しい模型は自作する」をモットーに、まったり模型製作に励んでいる管理人が、主に3Dプリンターやレーザー加工機等を使って自作した鉄道模型を紹介しております。

管理人自身が、こんなパーツがあったらいいな~、こんな車両欲しいな~と思ったものを気ままに製作していきます。
3Dデータについては 順次DMMで公開予定ですので、同じものを欲しいと思っていた方は是非お役立て下さい。

DMMサイト内 http://make.dmm.com/market/  「武蔵模型工房」 で検索!

現在下記車両・パーツの製作記を公開しています。
◆車体
・近江鉄道220形

◆床下機器(関東)
・相鉄新7000系VVVF編成
・相鉄新7000系抵抗制御編成
・相鉄9000系(未更新車GTO仕様・更新車IGBT仕様)
・京王8000系
・西武新2000系
・東武8000系

◆床下機器(関西)
・阪急2300系 (2017/4/15公開)
・阪急/能勢 5100系
・阪急5300系
・阪急6000系
・能勢1500系
・京阪600形・700形石山坂本線
・京阪2600系
・泉北高速3000系
・南海7000系



◆床下機器パーツ
・HS20型コンプレッサー
・AK3型コンプレッサー


◆屋根上パーツ
東武用避雷器パーツ


◆その他パーツ
・京阪2600系用 ホロ土台・ランボードパーツ
・京阪2600系用 スカートパーツ


◆台車   
・鉄道コレ動力台車枠をT台車として活用するための台車ベース

東武旧型車(3000系列・5000系列 他)(2017/7/15公開)
 ・FS-10初期型
 ・FS-10後期型
 ・KH-20
 ・TRS-29(KS31L ST-55B)
 ・TRS-28M(KS-31L ST-55A)
 ・TRS-28M(KS-31L ST-42)
 ・TRS-26
 ・TRN-50
 ・TRN-38(D-18-A)
 ・TRK-50
 ・TRF-50


です。
これからも、どんどん作っていきますが、気長にお待ち下さい。


ご注意:紹介してしている模型はあくまで管理人個人の趣味で製作したものであり、鉄道会社の公式品ではありません。当ブログや公開しているデータについて、鉄道会社や模型メーカーへのお問い合わせはなさらないで下さい。

スポンサーサイト

本年も宜しくお願いいたします。

新年 明けましておめでとうございます。

気ままに3D品の製作状況をUPしてきたブログですが、2回目の年越しとなりました。
ご覧頂いた皆様、コメント頂いた皆様、そして造形品をご利用頂いた皆様、ありがとうございました。

本年も、まったりマイペースに製作を進めて参りますので、どうぞ気長にお付き合い宜しくお願いいたします。



まったり と言っておきながら1月1日から床下ウォッチングをして参りました。

一応 初日の出 が目的という事にはなっておりますので・・・・
日本で一番早い日の出で有名な犬吠崎です。
今年は水平線上に少し雲がありましたが、比較的良いコンディションでした。
P1010064.jpg
犬吠崎灯台と日の出  綺麗に見えました!


日の出を見たら銚子電鉄へ
旧型3連が走っていた頃は撮り鉄が沢山いましたが、今年は特に珍しいものもなく、閑散としていました。
のんびり撮影が出来て良かったですけどね
P1010414.jpg


新年早々の下半身ウォッチングは元京王車シリーズ!
P1010337.jpg
P1010449.jpg
昨年入線した水色の元京王5000系は、なにやら細かい配管が沢山あって3Dで作りにくそう・・・・
でも鉄コレ買っちゃったし、暇が出来たらチャレンジする事にします。



銚子名物!?の連結器アダプター
電連付き密着型に付けるところが銚電・・・・
これもパーツとして再現できると面白そうなんですがね
P1010480.jpg


廃車になった丸の内色も、屋根に台が設置されて事業用車に。
この事業用車は過去に301号、801号と使われ、ついに1000形になりました。 いつまで持つのかな
P1010425.jpg


仲ノ町名物 デキ君はお色直し中のようで 白デキ になってました。
P1010505.jpg


銚子は毎年しっかりヘッドマークを作ってくれるのがいいですね。
でも、こっち側って遅い時間にならないと完全順光にならないのが難点・・・
P1010599.jpg


こんな訳で年はじめから充実した1日になりました。
年の初めが晴天だと気持ちがいいですね。

今年1年が良い年になりますように。

今年の阪急鉄コレが・・・・

今年の阪急の事業者限定鉄コレが発表になりました。

【レールファン阪急公式サイト】
http://www.hankyu.co.jp/railfan/topics/160822train_collection.html

去年は5100系でしたので、さすがに今年は8000系列あたりかな~と思ってました。
実は去年の鉄コレを買って、阪急マルーンの輝きにはまってしまったので、5300系をGMの板キットから作ろうと思い準備を初めていました・・・・
まさか5000系列が2年続くとは。。。

車体の組み立てはしていないものの、床下機器のデータは既に出来上がっています。
タイミングが良いと言うのか悪いと言うのか・・・・

板キットは別系列の車両にするとして、床下機器は今年の鉄コレに取り付ける事にしましょう。



という訳で、5300系の床下機器です。
5302F.jpg
これは5302Fをモデルにしていますが、鉄コレが出ますので各バリエーションを作って、試作品が届いたらDMMにて公開したいと思います。


また、以前ご要望を受けて製作をしておりました他形式第1弾の6000系について、試作品が届きましたので、最終調整をした上で問題が無ければ公開いたします。
下記サンプルは支線用の3連版です。
6000系3連 完成


この他8000系列・7000系列・3000系列の製作も予定しています。
あっ 能勢も作らないとですね。
昨年1500系の床下機器を資料用にガッツリ撮っておきましたので、役立ちそうです。

相鉄9000も作らないといけないで、中々忙しい・・・・

お知らせ

JNMAにご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
せっかく来場頂いたのに売り切れで購入頂けなかった皆様、すみませんでした。

今回は初参加という事もあり、何かと勝手が分かりませんでしたが、私たちの予想をはるかに上回る勢いでご購入頂きましたため、お昼頃には東武8000系関連の殆どが無くなってしまいました。。。。

個人で行っているため、商品を準備する資金も時間も潤沢にはございませんので、そのあたりはどうぞご理解頂ければ幸いです。

<お詫び>
今回ご購入頂きました方のなかで、商品の一部をお渡ししそびれている方が1名いらっしゃいます。たぶん・・・
もし、購入したはずなのに袋に入っていない! という方がいらっしゃいましたら、当記事に下記内容をコメント頂けますでしょうか?
・お名前
・連絡先(メールアドレス)
・対象商品名
※コメントを投稿する際は個人情報が含まれますので、必ず「非公開コメント」にチェックを入れて投稿下さい。
ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。


<今後の公開予定>
今回JNMAに出品し、現状未公開になっている物について
・西武新2000 
 →JNMAに出したものは1週間程度を目処に公開いたします。
  バリエーション展開は順次行います。

・南海7000
 →当日ご購入頂いた方にはお話致しましたが、一部設計上の問題がございます。
  修正版をテスト造形して問題が無ければ公開いたしますので、1~2ヶ月程度お待ち下さい。

・東武8000
 →今回販売した単位(1両毎)で公開しますと、単価が約3倍位になると見込まれますので、ある程度編成単位での公開を検討しております。
7月中の公開を目標に準備を致しております。


<費用について>
7月よりDMMが値上げを行いました。
当方で公開している床下パーツですと、大体300円~500円程度の値上げになっております。
以前注文頂いた方はだいぶ上がったイメージがあるかと思いますが、私が私腹を肥やしている訳ではありませんので悪しからず
また、今後即売会等で販売する機会があった際も、おそらく値上げをする事になると思います。

DMMのサイトには 「よりリーズナブルな価格でお買い求め頂けます」とあるのに、大幅な値上げとは・・・



<即売会の出店について>
現状では、今後の出店予定は未定です。
イベントへの参加が決まりましたら、3Dものは当ブログへ、東武8000系・30000系の本については ぱっしょんと~ぶ のページにお知らせを出しますので、それまでお待ち下さい。
まあ、書籍ならコミケ、3D品はJNMAくらいしか機会が無いとは思いますが・・・・

また、一般模型店への流通もしておりませんので、DMMにてお買い求め下さい。

会場でお問い合わせがありましたが、今年の夏コミ・ビッグサイトでのJAMコンには出ませんのでご了承下さい(これは決まってます)


今後もマッタリかつ精力的に製作してゆきますので、今後もどうぞお付き合い下さいませ。

Nゲージ用台車を作る

3Dプリンタで汎用に使えるNゲージ用台車を作れないかと試行錯誤をした結果、ようやく完成しました。

◆公開中の製品
・TR-25C型(西武 他) → http://make.dmm.com/item/420138/
・FS-40型(西武 他) → http://make.dmm.com/item/420136/ 

◆基本構成
台車枠2枚と土台1つ
10

◆特徴
・土台にそのまま取り付けると付随台車として使用できます。
01

・土台を使わず鉄コレ動力にはめると 動力枠として使用できます。
15

・専用のGM動力用土台を使うと GMの動力台車として使用できます。
 量産品は現在調整中です。公開まで少々お待ち下さい。
111213

◆必要部材
付随台車として使用する場合、下記のものが別途必要です。
①KATO製中心ピン Z01-0043

②車輪 KATO・TOMIX(鉄コレ用)、GM いずれも使用できます。
 ※KATO 11-606(黒)、11-605(銀)、28-193(スポーク車輪)
 ※TOMIX 鉄コレ用各製品
 ※GM 製各種
 が利用可能です。

③カプラーとバネ
 ※ボディマウントカプラーを使用する場合は、カプラーポケット部分を切除してください。


◆組み立て方(付随台車とする場合)
①洗浄
 超音波洗浄機等(ない場合はぬるま湯に洗剤)で、サポート材の除去を行います。

②組み立て
 土台差込部に少量の瞬間接着剤をつけておき、台車枠をはめ込み固定します。 

③下地塗装
 アクリル系素材に対応したサーフェイサーで下地塗装します。

④塗装
 お好みの塗料で塗装します。
注意:車軸が入る穴の部分に塗料がつかないよう注意してください。
   ただし、マスキングゲルを使用したところ、僅かな凹凸の製でしっかりくっついてしまい取れなくなりました・・・
   細いマスキングテープを使用するか、端材でマスキングゲルのつき具合を確認してからご使用下さい。


⑤完成
中心ピンと車輪、カプラーを取り付け完成です。

◆組み立て方(動力枠とする場合)
①洗浄
 超音波洗浄機等(ない場合はぬるま湯に洗剤)で、サポート材の除去を行います。

②穴位置調整
 鉄コレの動力台車の一部は、車軸部にある集電用のピポットが外側に飛び出していますが、その穴の位置が若干ずれていることがあります。塗装前に位置あわせをして、穴と出っ張り位置がずれている場合は、カッターやピンバイスで穴を広げておいてください。
16
※穴位置がズレていると、はめた時に枠にあたり外側に反ってしまいます。

③下地塗装
 アクリル系素材に対応したサーフェイサーで下地塗装します。

④塗装
 お好みの塗料で塗装します。

⑤組み立て
 穴に少量のゴム系接着剤をつけたうえで取り付けるとより安定します。


◆組み立て方(GM動力とする場合)
・組み立て方は、鉄コレ動力用と同じです。
事前に別途公開しているGM動力用枠を組み立てておく必要があります。
※GM動力用枠は試作品を元に微調整中です。公開まで少々お待ち下さい。

★各社の製品を使用できる汎用品を目指し、何とか形になりました。
これから、GMの集電対応土台や各社に対応した土台、色々な台車枠を製作していきたいと思います。
気長に待っていて下さい。

◆その他注意
★各社の製品に対応できるよう作りましたが、あくまで製品を購入し実測した上で私がかってに製作しています。
模型各社にお問い合わせ等なさらないようお願いいたします。

★カプラーポケットはどうしても細い部材のため強度が低くなっています。
急加速等強い力を加えると破損する場合はありますので、使用する際は"安全運転"でお願いします。