武蔵模型工房へようこそ

                   この記事は常に一番上に表示されます。

武蔵模型工房へようこそ

このブログは、「欲しい模型は自作する」をモットーに、まったり模型製作に励んでいる管理人が、主に3Dプリンターやレーザー加工機等を使って自作した鉄道模型を紹介しております。

管理人自身が、こんなパーツがあったらいいな~、こんな車両欲しいな~と思ったものを気ままに製作していきます。
3Dデータについては 順次DMMで公開予定ですので、同じものを欲しいと思っていた方は是非お役立て下さい。

DMMサイト内 http://make.dmm.com/market/  「武蔵模型工房」 で検索!

現在下記車両・パーツの製作記を公開しています。
◆車体
・近江鉄道220形

◆床下機器(関東)
・相鉄新7000系VVVF編成
・相鉄新7000系抵抗制御編成
・相鉄9000系(未更新車GTO仕様・更新車IGBT仕様)
・京王8000系
・西武新2000系
・東武8000系

◆床下機器(関西)
・阪急2300系 (2017/4/15公開)
・阪急/能勢 5100系
・阪急5300系
・阪急6000系
・能勢1500系
・京阪600形・700形石山坂本線
・京阪2600系
・泉北高速3000系
・南海7000系



◆床下機器パーツ
・HS20型コンプレッサー
・AK3型コンプレッサー


◆屋根上パーツ
東武用避雷器パーツ


◆その他パーツ
・京阪2600系用 ホロ土台・ランボードパーツ
・京阪2600系用 スカートパーツ


◆台車   
・鉄道コレ動力台車枠をT台車として活用するための台車ベース

東武旧型車(3000系列・5000系列 他)(2017/7/15公開)
 ・FS-10初期型
 ・FS-10後期型
 ・KH-20
 ・TRS-29(KS31L ST-55B)
 ・TRS-28M(KS-31L ST-55A)
 ・TRS-28M(KS-31L ST-42)
 ・TRS-26
 ・TRN-50
 ・TRN-38(D-18-A)
 ・TRK-50
 ・TRF-50


です。
これからも、どんどん作っていきますが、気長にお待ち下さい。


ご注意:紹介してしている模型はあくまで管理人個人の趣味で製作したものであり、鉄道会社の公式品ではありません。当ブログや公開しているデータについて、鉄道会社や模型メーカーへのお問い合わせはなさらないで下さい。

スポンサーサイト

神戸電鉄 旧型車(冷房車)の床下機器を作る(1100系、1150系、1350系、1370系、1500系)

やっと発売されました神戸電鉄1100系用の床下機器を製作しました。
1102.jpg
ついでに 1150系、1350系、1370系、1500系もパーツの流用が出来ましたので、合わせて製作しました。

DMMでは19種類を公開しました。
※バリエーション展開していたらスゴイ数になってしまいました・・・
単品(1編成分)
1100系 タイプ1 (1101F,1103F,1105F,1107F仕様)→ http://make.dmm.com/item/805326/
1100系 タイプ2 (1109F仕様)            → http://make.dmm.com/item/805328/
1100系 タイプ3 (1111F,1113F仕様)        → http://make.dmm.com/item/805340/
1100系 タイプ4 (1115F,1119F,1121F仕様)    → http://make.dmm.com/item/805364/
1100系 タイプ5 (1117F仕様)            → http://make.dmm.com/item/805366/

1150系(1151F仕様) → http://make.dmm.com/item/805374/
1150系(1153F仕様) → http://make.dmm.com/item/805376/

1350系 タイプ1 (1351F,1361F仕様)     → http://make.dmm.com/item/805380/
1350系 タイプ2 (1353F,1355F,1357F仕様) → http://make.dmm.com/item/805384/
1350系 タイプ3 (1359F仕様)         → http://make.dmm.com/item/805398/

1370系 → http://make.dmm.com/item/806496/

1500系 1501F仕様 → http://make.dmm.com/item/805400/


セット品(5編成セット)
1100系タイプ1~タイプ5セット → http://make.dmm.com/item/805370/

セット品(2編成セット)
1100系1117F + 1350系1353 → http://make.dmm.com/item/805372/
1350系(タイプ1)1351F + 1361F → http://make.dmm.com/item/805382/
1350系(タイプ2)1353F + 1355F → http://make.dmm.com/item/805390/
1350系(タイプ2)1357F + (タイプ3)1359F → http://make.dmm.com/item/805396/
1370系2セット 1373F + 1375F → http://make.dmm.com/item/806498/
1370系1371F + 1350系(タイプ1)1351F → http://make.dmm.com/item/806500/


取り付け例(1117F)
1117サンプル全体21117サンプル全体


1117サンプル1118東1117サンプル1118西

1117サンプル1208東1117サンプル1208西


1117サンプル1117東1117サンプル1117西


パーツ詳細
今回は1117Fを原型にバリエーション展開をしてゆきました。
コンプレッサー3種類やSIVとMGについても正確に作り分けました。
特に1100系は詳細に見ていくと5種類にもなりました。
長年の更新工事等でちょっとずつ違いが出てしまったようですが、この違いをお楽しみ頂ければと思います。

コンプ3種 ↓
神鉄サンプル5 神鉄サンプル7

神鉄サンプル1


MGは配線も目立つため表現しました ↓
神鉄サンプル8

抵抗器は、向こう側が見えるスケスケにしてあります ↓
神鉄サンプル3



神鉄サンプル4神鉄サンプル6



編成別一覧
1100系 タイプ1 (1101F,1103F,1105F,1107F仕様)
1100系床下機器(タイプ1)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1100系 タイプ2 (1109F仕様)
1100系床下機器(タイプ2)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1100系 タイプ3 (1111F,1113F仕様)
1100系床下機器(タイプ3)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1100系 タイプ4 (1115F,1119F,1121F仕様)
1100系床下機器(タイプ4)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1100系 タイプ5 (1117F仕様)
1100系床下機器(タイプ5)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



1150系(1151F仕様)
1150系 1151F仕様床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1150系(1153F仕様)
1150系 1153F仕様床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



1350系 タイプ1 (1351F,1361F仕様)
1350系床下機器(タイプ1)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1350系 タイプ2 (1353F,1355F,1357F仕様) 
1350系床下機器(タイプ2)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】

1350系 タイプ3 (1359F仕様)
1350系床下機器(タイプ3)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



1370系 
1370系床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】



1500系 1501F
1500系 1501F仕様床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】




セット一覧
昨今は4両固定編成になっていますので、編成単位で製作したい方のため、複数種類を実編成に合わせてセットにしたものも公開しました。

1100系タイプ1~タイプ5セット
※1100系マニアおススメ、全種コンプリート用のセットです。
1100系床下機器(5種セット)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1100系1117F + 1350系1353
※鉄コレとして発売された1117Fと、以前ブラインドパッケージで発売された1353F用のセットです。
1100系1117F_1350系1353F床下機器セット【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1350系(タイプ1)1351F + 1361F 
※1350系同士の4連です。
1350系床下機器(タイプ1)2編成分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1350系(タイプ2)1353F + 1355F 
※1350系同士の4連です。
1350系床下機器(タイプ2)2編成分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1350系(タイプ2)1357F + (タイプ3)1359F 
※1350系同士ですが、機器構成が違う2編成から成る編成です。
1350系床下機器(タイプ2_3)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1370系 1373F + 1375F 
※1370系同士の編成です。
1370系床下機器(2編成セット)【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


1370系1371F + 1350系(タイプ1)1351F
※1370系と1350系の混結編成です。
1370系_1350タイプ1床下機器【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】


最後に
今回製作するにあたり、勝手に参考にさせて頂いたサイトを紹介させて頂きます。
神戸鉄道資料館 → http://www.rail.ac/index.html
神戸電鉄の項目は大変参考になりました。
編成の移り変わりなども分かりますので、拘りたい方は是非参考になさってみて下さい。


今回はここまでですが、まだまだ他形式もあります。
3000系の要望も頂いておりますし、非冷房車も鉄コレが製品化していますので、順次製作して行きたいと思います。

さすがに今回はバリエーションが多すぎて疲れました・・・・

東武8000系用床下機器 特定編成用のパーツ

8577F-1.jpg

昨年製作し、今年のJNMAでははおまけ程度で出品しました東武8000系の床下機器ですが、今年も大変好評を頂き早々に売り切れてしまいましたので、DMMにて公開致します。

昨年は、色々な編成に使用できるマルチ構成としました
 各パーツの詳細や、昨年販売したマルチ構成の機器はこちらをご参照下さい⇒ 
   http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
   http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


今年は、鉄コレで製品化された特定編成用を作成しました。

DMMでは下記構成を公開しました。
① 8570F (2両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792218/
② 8577F (2両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792222/
③ 8570F+8577F (2両 2編成分) ⇒ http://make.dmm.com/item/792220/
④ 8198F (4両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792216/
⑤ 81107For81111F (4両分)   ⇒ http://make.dmm.com/item/792224/
⑥ 81107F+81111F (4両 2編成分)⇒ http://make.dmm.com/item/792230/
⑦ 8111F (6両分)          ⇒ http://make.dmm.com/item/792210/



各構成の詳細は下記の通りです。
※解説文はJNMAの時に封入した説明書をそのまま使用しています。
付属パーツの位置が若干異なりますが、東武ファンの皆様なら分かると思います・・・ 不明点があればコメント下さい。


①8570F(2両分)
8570F-1.jpg
8570F.jpg

8570解説



②8577F(2両分)
8577F-1.jpg
8577F.jpg

8577解説



③8570F+8577F(2両分×2編成)
2編成用分をセットにしたお得構成です。
※上側が8577F、下側が8570Fです。
8570F_8577F.jpg



④8198F(4両分)
8198-1.jpg
8198F.jpg
8198解説



⑤81107F・81111F(4両 1編成分)
81111-1.jpg
81107F 81111F
81107解説



⑥81107F+81111F(4両 2編成分)
※2編成とも機器構成は同じです。
81107F_81111F.jpg



⑦8111F(6両分)
8111-1.jpg
8111F.jpg
8111解説



※一部実車写真 ぱっしょんと~ぶ管理人 lofter 様提供

東武用台車データの追加・修正をしました

先日公開した東武旧型車用台車ですが、ご指摘・ご要望を頂きましたので、一部データの再公開を致しました。

詳細は、記事を修正しましたのでごご覧下さい。

⇒ http://musashimokei.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

修正点は下記の通りです。

①KH-20台車の初期型(シリンダー無し形状)を公開
基本的にはFS-10のデータとKH-20のデータを合体させた形になっております。
5両分と10両分を公開しました。
KH-20前期型KH-20前期型-2



②TRS-28M(KS-31L ST-42)台車のデータを修正
上が正、下が誤  ※両端上側の三角に配置されたボルトの位置、ブレーキシュー付近の形状を修正しました。
TRS-28M(KS-31L ST-42)改1TRS-28M(KS-31L ST-42)改2

TRS-28M(KS-31L ST-42)TRS-28M(KS-31L ST-42)-2




③TRS28M(ST42)M用×2・T用×3、TRS26×1、TRS29×1、TRN50×2、TRK50×1の10両分セットを公開
要望を受けましたので、新たなセットを公開しました。
※上段の左側2列がTRS28M(ST42)M用
 上段の右側3列がTRS28M(ST42)M用
 下段が左側からTRS26×1列、TRS29×1列、TRN50×2列、TRK50×1列の順に並んでいます。
台車セット1 10両分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】
台車セット1 10両分【武蔵模型工房 Nゲージ 鉄道模型】1


今後もご要望やご指摘がありましたら、コメントいただけますと幸いです。

東武用避雷器パーツ

東武電車の特徴とも言える、パンタ横の大きな避雷器を再現するべく、パーツを製作しました。

DC-Arr0_20170727201945810.jpg

P7279263.jpg
jnma2017 避雷器1


当パーツはGMが出しているのですが、造形がイマイチですし、固定が大変だというところを何とか改善したいと試行錯誤した結果、簡単お手軽に取り付けられるパーツが出来上がりました。
先日のJNMAでもすぐに売り切れてしまいましたので、DMMでも公開を致します。

東武ファンの方は是非!


DMMでは4種公開しました。

・TOMIXパンタ用 12個セット → http://make.dmm.com/item/772264/
・TOMIXパンタ用 36個セット → http://make.dmm.com/item/769356/
・GMパンタ用 12個セット → http://make.dmm.com/item/772262/
・GMパンタ用 36個セット → http://make.dmm.com/item/769354/ 


<パーツ詳細>
TOMIX用とGM用の2種を作成しましたが、見える部分の形状は全く同じです。
固定方法が異なっています。

TOMIX用
GMパンタを固定するための穴に、パーツをはめ込んで固定します。

解説
jnma2017 避雷器コレ1
jnma2017 避雷器コレ2
穴のサイズは合わせてありますが、多少ゴム系接着剤を付けるとしっかり固定されます。
GM用穴にはめ込み後、TOMIXパンタを普通に取り付ければOKです。



GM用
パンタ固定用の脚に通して固定します。
jnma2017 避雷器GM2
jnma2017 避雷器GM
jnma2017 避雷器3
裏側から見た図。 固定用の脚に通して、あとはそのまま屋根に取り付ければOKです。
緩い場合はゴム系接着剤を少し着けると安定します。




先日のJNMAでご購入頂いた方が、早速TwitterにUPされてましたので、ご紹介します。
車輌にもこだわっておられるようで、カッコ良く仕上がってますね~